治療メニュー

一般歯科・根尖治療

虫歯の治療やむし歯が進行し、根管内の神経を取り除き、神経を取った後の根管内を消毒などの根管治療までトータルの歯のトラブルを解決します。

「虫歯かな?」と思ったら早めに治療しましょう

「冷たい物がしみる」「歯が痛む」
その症状は虫歯のサインかもしれません。虫歯はかかってしまうと自然治癒しないため、早期発見・早期治療が大切です。少しでも違和感がある場合は、大事な歯の健康を大きく損なう前に、OMPデンタルクリニックまでご相談ください。

一般歯科

一般歯科において、虫歯を全て取り残さず削ることが当然の治療だと思います。
虫歯によっては部分的に削ると神経に障るような点状・線状に深いものがあります。
一般では、削れないので、そのまま放置して治療を終えるか、神経を抜いてしまうドクターが大半でしょう。
始めは、詰めたセメントの中にある薬の成分で進行が止まりますが根本的な治療を終えてないので、2〜3年でぶり返します。
埋めた後、その部分から虫歯になった
詰めた後、詰めたものの下から虫歯になった
被せた後、被せたものが下から虫歯になった等のケースが想定されます。
治療を終えて、2〜3年後にはぶり返して私の医院に駆け込まれるケースを多数経験してきました。
ぶり返してしまった場合は、大抵、神経を抜かねばならないでしょう。
私の治療は、極力このようなケースをおこさないように虫歯を取り残さないようにする為に、削れない点状・線状で深いものにはレーザーで虫歯の菌を殺してから、詰めたり被せたりする治療に移行します。
そうすれば、100%ぶり返しません!と申し上げたいのは山々ですが、さすがに100%とは言い切れません。
しかし、100%に限りなく近づけるような治療を目指して、日々努力致します!

根尖治療

今までの根幹治療、根の治療、神経治療というのは、酸性のホルマリン系の薬を使って
殺菌失活をしていました。
殺菌をするのは素早く行えて良いのですが、中に芽胞といって卵に化ける菌が存在します。
その菌卵は、殺菌をしてもそのまま、とどまり生き続けます。
酸性の中でも殺菌されずに生き続ける菌卵がいるのです。
強アルカリ性の中には生き続けられる菌卵は存在しません。
それは何故か?わかりやすく説明すると、皆さんの家にも「卵」はありますよね?
その卵をお酢に漬けて何日かすると、殻がぶよぶよになって、いつかは破裂します。
それと同様な事が歯の根尖の中でも起こるのです。人間に害のないpH12.4のアルカリ性のカルシウムの粉材を使います。
市販されている薬ではカルシベックスというものがあり、これは油で溶きます。
これは、pH12.4にはなりません。従って、溶解能力が乏しくなります。
まして造影剤が入っています。
pH12.4にしようと思うと、管理が大層難しいものになります。
ですから、大半のクリニックは面倒に思われているように感じます
又、知らないクリニックも多いようです。
衛生士、助手の手間がとても増えるとご理解ください。
あと、患者さんの術日数が増えますが、建物の基礎工事と同じです。手抜き工事(治療)は出来ません。
根気のいる治療ですが、今現在、根幹、歯の先の芽胞を殺菌できるのはこの方法しか無いと考えます
この治療のメリットは、再発のリスクが極めて低いことです。
ほぼ、ゼロになると申し上げても大袈裟ではないと自負しております。
口腔内で働いたのち、残るカルシウム剤は骨に化けます。
骨が固まり、骨が再生していく治療も同時に行えるのです。
この治療法は、東京の大学等では、研究されております。
関西ではどうかというと、大阪に特化して申し上げると、研究は遅れています。
それは、大阪の歯科大学の数が少なく、対抗心が低い為です。
大阪大学と大阪歯科大学の二校しかないためにライバルがおらず切磋琢磨出来る環境に無いからだと個人的に解釈しております。
ヨーロッパ、アメリカに目を向けると、根幹の治療には全てこのアルカリ性の薬に代わってきていると聞いております。
原因としては、酸性の薬には発がん性があると論文で指摘されているためです。
疑いの段階なので、禁止薬にはなっておりませんが、それを知りながら酸性の薬品を
使用するのは如何なものかと思います。
アルカリ性の薬で、骨を造り、再生させることが大切だとの見解です。
これが、わたくしの行う根幹治療になります。
次に、日々大勢の患者さんを診ていて、他の医院で受けた治療で、根尖が開いていない方の多さに驚かされます。
痛くて来院される患者さんの9割の方は、根尖があいていません。膿があるのですから
痛いのも当然だと気の毒に感じる日々です。
開けることが出来ない!技術が追い付かない!ドクターの多さに色々考えさせられます。
国家試験が昔より難しくなり、頭脳は立派なドクターは沢山おられるのでしょう。
しかし、腕や技術が追い付かないのです。
悲しいことですが、国家試験が難しくなった副産物だと考えます。
歯科医院の数はコンビニと同じか、多いと言われていますが、コンビニは一軒で何百人もこなせますが、歯科医院は15~50人位しか診れません。
歯科医は技術を極めていかねばなりません。インターンの一年では、とても足らず
頭で治療は出来ないのです。
わたしは、歯科医だけでは満足できず、口腔外科の技術も身に着けました。
博士号も取得しました。
その経験から、根尖の化膿の症例は数限りなく体験してきました。
一般の歯科医では荷が重い治療を、口腔外科が担ってきたと自負しております。

PAGE TOP