治療メニュー

咬合治療

見た目のコンプレックス、うまく噛めない、はっきりと発音ができない等、歯並びの乱れは矯正治療で整えましょう

歯の1本1本に適性な力がかかるようにする為の治療になります。
虫歯治療で、インレーを入れるために歯を削った後。1週間はめないでいると、噛み合っていない為、歯が少し浮き上がります。
そのままの状態でインレーをはめると大抵の患者さんは噛み合わせが高いと仰います。
この時点で、ピッタリ合わせるのは噛み合わせが低くなりすぎる為、咬合治療に反すると考えています。
5日〜1週間かけて慣れて頂いて、それでも尚且つ噛み合わせが高いと感じる場合は、さすがに高いと診断致します。
このような行程を経なければ、どんどん咬合が低くなってしまうのです。

噛み合わせが低くなると、下の歯が前の歯の裏側に当たるようになり、上の歯がどんどん出っ歯になり、下の歯も同じく出っ歯になってしまうのです。

矯正治療、補綴治療という金属やセラミックスを被せたり入れ歯をはめる際に、いかに正しい位置での噛み合わせの状態を作るかが何よりも大切なのです。

適性な力が掛かる咬合を目指して参りましょう!
ご質問等がございましたら、何なりとお訪ね下さい!

PAGE TOP