治療メニュー

マウスピース矯正・矯正歯科

矯正治療によって噛み合わせを整えていくことは全身の機能につながります

矯正治療という言葉は、皆さんよく耳にされると思います。
本来、英語圏・白人文化の中から生まれた治療です。
英語の発音に適した歯並びにするためのものでした。
日本語は、母音が多いので、サ行タ行の発音以外は、歯並びの良し悪しは必要のない民族でした。
従って、矯正学は、かなり遅れていました。
白人に比べて、歯並びに対する美意識は低かったと認めざるを得ません。
ところが、だんだん変化してきます。
もともと、牛乳やチーズを食べる種族ではなかったのが、欧米食が増えました。
日本人は、歯の大きさ自体、大きくはありませんでした。
その上、固いものを嫌がり、柔らかい物を好むようになりました。
しかし、そのような食事を取り入れたことで永久歯の歯が大きくなり、歯並びが
崩れるケースが増えました。昔はすきっ歯が多かったのが、いまは無くなり叢生(そうせい)といって、歯並びがガタガタのケースが増えたのです。
ワイヤー矯正から始まり、白い金属など目立たない矯正が生まれましたが、そもそも
白人向けに開発されたものです。
歯にかかる力もかなり強いものです。白人は日本人よりも歯の根っこが1.5倍以上長くて太いのです。何故、こんなにも違うのか。それは、白人は肉食民族だからであります。
日本人は、江戸時代までは玄米かゆ、薄いお味噌汁、たくあんという草食の民族でした。
したがって、根が短く、細いのです。
それだけの違いがあるのに、白人向けの力のかけ方をした矯正が日本人にも適するわけがありません。
無理をして行うと歯の周囲の骨が死に、死ぬということは白血球で腐った骨を溶かさねばなりません。
それに伴い歯の根が溶け、痛みも生じ、骨が溶けて、歯がぐらぐらしてしまい、抜けてしまいます。
最終的には、入れ歯につながるのです。
矯正のドクターの中で、女性で45歳を超えた方は、矯正はお勧めしません!と仰るドクターは、大変親切でよく勉強されているなと思います。
なぜなら、女性はエストロゲンを使って増骨するので45歳を超えると増骨の速度が急激に落ち、骨粗しょう症になるケースがグンと増えるので、矯正は危険になるのです。

インビザラインという白人向けのマウスピース矯正があります。
ワイヤーでは、目立つので目立たないように透明のマウスピースを使用した矯正が開発されました。
ところが、歯の頬っぺた側の面に、アタッチメントというプラスティックを貼り付けます
そのプラスティックを利用して、歯を移動させるのです。
歯の移動のさせ方は、ワイヤー矯正とほぼ、同じ方法です。
日本人には不向きな上に、力のかけ方が白人向けなので動かないケースが出てきました。
この弊害を解消させるべく、黄色人種向けのマウスピース矯正を、日本マウスピース協会にて理事長として研究し、開発させることが出来ました。
日本人には、もっと丁寧に細かく移動させねばなりません。
日本人向けにアプローチすると、結果に驚きましたが、想像以上に短い期間でスムーズに
移動することがわかりました。
それは何故か。インビザライン、ワイヤー矯正は力学、物理学で移動させます。
私どものマウスピース矯正は、解剖学・生理学を利用して移動させるのです。
身体の骨のカップリングを使うのです。
皆さんの皮膚も垢が出ても、下から新しい皮膚が生まれます。
これが皮膚のカップリングなのです。
骨のカップリングとは、上顎骨、上腕骨は、3~4年に一度入れ替わります。
下顎骨、大腿骨は7~8年に一度入れ替わるのです。
その入れ替わりを利用して移動させるのが、私どものマウスピース矯正なのです。
痛くなく、早く移動でき、インビザラインのようにアタッチメントも付けないので
矯正中でも、ホワイトニングも出来ます。
マウスピース矯正に、ご興味がある方は、何なりとご相談ください。

■次のような方におすすめです
・ワイヤー矯正、他のマウスピース矯正は長期間なので気がかり
・ワイヤー矯正のような痛みのある矯正はしたくない
・食事をスムーズに快適に行いたい
・矯正中に虫歯をつくりたくない
・矯正中も快適に清潔に保ちたい
・歯を抜きたくない方
・顎変形症でもできるだけ
・負担なく矯正したい
・矯正装着による発音障害をなくしたい

■10代のお子さまも適用可能
エースライン、キッズライン共に従来のマウスピース矯正では適応外だった小児矯正もマウスピース矯正が可能です早期に治療を開始し、歯列を広げながら矯正が行えるため、不正咬合、反対咬合などを治療できます。
※症例によっては抜歯が必要な場合があります

■インビザラインの特徴
コンピューター3Dソフトで治療開始から終了までの歯の動きを確認できる歯の型取りは基本初めの1回精密コンピュータで型取りした歯型をスキャンしスタートから完成まで一気にマウスピースが出来上がるため、2週間に一度の交換で通院回数は格段に少ないです。
世界中で最も有名マウスピース矯正メーカーで万が一、全ての矯正終了後でも、矯正後の歯で気になるところはマウスピースの追加作製が保証。

■エースラインの特徴
1クール(10ピース)毎に型取りを行うためより精密に確実なマウスピース作製が可能日本人の骨格に適したマウスピース矯正なので後戻りが少ない。
7日に一度、交換するためより清潔に精密な歯列矯正ができるマウスピースは全て専門技工士による手作りなので細かな指示が可能。

■Fライン新登場
今まで矯正中は諦めていたホワイトニングが同時に可能3~4日に一度交換でより早い期間で治療を進められるF(ライン)が新登場。

オリジナルマウスピース矯正の料金について
・エースライン
詳細はこちら
・Fライン
詳細はこちら
・Eライン
詳細はこちら

PAGE TOP