治療メニュー

口腔外科

親知らずや矯正に伴う抜歯など患者様へのダメージを極力あたえず治療を行う事を徹底しております。

「歯科医」と聞くと一般の方は「歯」が抜けるのは当然だと思われるでしょう。
歯科医の歯を抜くという工程は、抜いた後の治療を考えると実はとても難しい治療なのです。
一度、抜歯で苦労して懲りた歯科医の中には二度と再チャレンジを諦め、口腔外科に依頼するケースが多数あります。
抜歯の中でも1番難度の高い治療が、親知らずの抜歯と矯正に伴う抜歯になります。
親知らずの中では特に水平埋伏が難度とされています。
骨に埋まっているケースは更に難しくなります。
矯正の抜歯の難しさは、骨にダメージを与えることなく抜歯しなければなりませんので、これが又難度の高い治療なのです。
必要以上に麻酔をかけてもダメ、足らなくても痛いのでダメです。
本来、麻酔とは麻酔科・口腔外科の分野であります。
痲酔の使い方の上手い下手は口腔外科の範疇なのです。
歯を抜く場合、皆さんがよく経験されるのが、ペンチのようなもので歯をつかんで引っこ抜くかマレットという木槌みたいな物で大工さんが使うノミのような物、歯科では骨ノミと言いますが、それを使用して歯を叩いて割って拾う方法が一般歯科に多い治療になるでしょう。
口腔外科で、その方法を選択するドクターは、先ずおられないと思います。
そんな、古風な治療では患者さんに負担を与えてしまうのです。
それ故に腫れてしまいます。
骨を削る作業は人体にダメージを与えます。
私は、骨を極力削らず歯をタービンで細かく刻んで取り出し、打撃を少なく衝撃も少なく済むような治療を心掛けております。
口腔外科医でも、親知らずの簡単な抜歯のケースでも、最低3年は修行を経ないと自信を持って患者さんに向き合えないでしょう。
親知らずの難抜歯となると、5年は修行が必要です。
「歯を抜く」という治療は、皆さんがお考えになるより、難しく経験が必要です。
今後も患者さんへのダメージを極力あたえず治療を行う事を徹底して参ります。
安心して口腔外科医・福原 篤にお任せ下さい!

PAGE TOP